製品案内

HUNTER ロードフォース エリート/RFE10E

最新のシステムにより迅速かつ正確な診断を可能に!

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
AdobeReaderをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。 Adobe® Reader™ のダウンロード

ロードフォース測定

タイヤ・ホイールの隠れた振動・横流れを解決します。
HUNTER独自のロードローラでタイヤに最大約567kgまでの荷重を掛け、より走行時に近い状態を再現。
ラジアルフォース・ラテラルフォースの測定で、振動・横流れの原因を自動的に診断・表示します。

リムランアウト測定

タイヤをリムから外さずにラジアル(接地)、ラテラル(側面)のリムランアウトを測定することができ、ホイール単体・タイヤ単体の状態を診断し、修正内容を表示します。

フォースマッチング

タイヤラジアルフォースのハイ・スポットとリムランアウトのロー・スポットを最適な位置でマッチングします。
タイヤ・リムのマッチング位置が画面上にマーキング表示され、この指示に従ってタイヤチェンジャーを使い正確なマッチングを行うと、振動問題の解決と走行安定性の向上を実現できます。

SmartWeight バランシングテクノロジ

振動の原因となる「シェイク振動」及び「シミー振動」を測定し、ホイールウエイトの使用量・コストを30~40%削減、作業時間の大幅短縮、バランス維持や乗り心地を向上させます。

StraightTrak ラテラルフォース測定

不安定走行の困難な原因となる「横流れ」をロードフォース測定時に横流れ取付位置を修正し、直進安定性をもっとも良い状態にすることができます。

ビジョンシステム

カメラレーザーを使用した独自のシステムで、短時間に多くの情報を取得し誤作業を減少させます。

ホイール径自動測定
自動でウエイト取付位置を検知します。
リムランアウト測定
フォースマッチを自動で予想します。
スポーク位置認識
スポーク裏側のテープ貼付け位置を隠します。
スマートウエイト最適化
ウエイトの数をなるべく1つにします。
リム形状認識
リムの平らな位置を探します。

主要諸元