製品案内

画像目視式ヘッドライトテスタ/HLT-145(手動式)

画像目視式

画像処理によりすれ違い灯のカットラインがみやすい!
CCDカメラによる画像処理表示を採用!
「斜め線検出機能」により簡単に すれ違い灯の「目視調整・測定」が可能!

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
AdobeReaderをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。 Adobe® Reader™ のダウンロード

画像目視型ヘッドライトテスタとは

C-MOSカメラを搭載し、画像処理された配光をLCDへ表示します。
すれ違い灯は画像処理された映像を目視で測定を行います。
調整時は斜め線検出機能を使いカットラインを正確に合わせる事が出来ます。
走行灯は画像処理された映像を自動で判定します。

高精度測定で誤差を解消

C-MOSカメラによる画像処理表示により、すれ違い灯及び走行灯の測定が容易に可能となります。
すれ違い灯の測定・調整は目視で行い走行灯の測定は自動測定です。

各部名称

主要諸元・専用レール型式/仕様

※2 国土交通省の定める自動車検査用機器具の技術基準・審査基準に適合